本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手の資格どれが有利?


看護助手と一口に言っても、実はいろいろな資格があります。取得するところが変わると、呼び名が変わったりしますが、それぞれ呼び名が違うだけで看護助手としての仕事をさらに深めることができる資格となっています。 ではこれから看護助手として働くときに最も有利な資格はどれなのでしょうか?

メディカルケアワーカー

メディカルケアワーカーの資格も看護助手の資格の一つで、看護助手として働いている方はもちろんのこと、介護保険適用事業所に従事されている方や従事しようとしている方、ホームヘルパーとしてさらにスキルアップを目指している方にお勧めの資格です。

この資格は、看護補助職として求められる能力を証明してくれるものであり、1級と2級の2つの種類があります。

ただ、1級については2球をすでに合格している者しか取得することができません。2級は看護助手理論や看護マナーについて薬理学や医学薬科学などの分野から出題され、1級については基礎倫理学や実技緒論、文書作成の分野からそれぞれ出題されます。

メディカルケア・アシスタント

メディカルケア・アシスタントも看護助手の資格の一つです。

看護実践教育に携わっているプロが監修と執筆をしたテキストを用いて学習していきますが、看護助手を目指す方はもちろんのこと、医療現場の仕事に興味を持っている方にお勧めの資格!

自宅で無理なく学習していくことができるため、大変人気の高い資格です。看護にまつわるノウハウを余すことなく学習することができるため、実践でも大変役に立ちます。

修了後すぐに医療の現場において活動することができる知識と技能を身につけられるとあって、多くの方が取得されています。

看護助手実務能力認定試験

医学の進歩糖により長寿国になった日本において、看護助手という仕事に着目し作られたのが看護助手実務能力認定試験です。資格を取得するにあたって特に決まりはありません。

試験は学科試験と技術試験が行われます。学科問題では看護助手業務の役割と理解、患者の理解や看護助手業務を行うための基本的な技術から出題されます。

今後、この看護助手実務能力認定試験はさらに注目を集めるであろう資格の一つであり、看護助手業務を行うものにとって欠かせない技術と知識を身につけることができます。

まとめ

このように、看護助手と一口に言っても様々な資格があり、それぞれに特徴や試験の内容などが異なります。自分自身がどのようなスタイルで働きたいのか、どういった分野で活動していきたいのかによって取得する資格を選択されるとよいでしょう。

有利・不利はとくにないようです。『資格を取得してやる気あります!』というのを最大限アピールしましょう。