本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

女性が多い看護助手の仕事


看護助手の仕事って女性の仕事と思っていませんか?男性の需要もあるんです。

看護助手は医療関連の仕事で最も求人あり

会社で働いたのは遠い昔。学歴も資格も必要ない、という看護助手の仕事を始めてみました。

看護助手のしごとは病院や介護施設、デイケアセンターやグループホームなどで患者さんのお世話や忙しい看護師のサポートをするものです。

具体的には着替えの手伝い、食事を運んだり食事の補助を行ったり、簡単な講習を受けて行うのですが、実際に仕事をして経験を積んでいく事でコツを覚えていきます。

患者さんの世話だけでなく看護師の指示に従って病院や施設内での行動、治療や診察がスムーズに行える様にするもの仕事の一つです。

病院内では医師、看護師それに私達看護助手がチームを組んで患者さんに対応していきます。

看護助手の資格は、民間の機関が看護助手実務能力検定やメディカルケアワーカーといった名前で認定書や資格書を発行しています。

看護助手の仕事、女性が多いのはなぜ?

今でこそ看護師と言いますが、以前は看護婦と呼ばれていたこともあり、医療関連で患者さんのお世話をする仕事ってまだまだ女性がするという雰囲気がまだあると思います。

患者さんの体に直接触れてお世話をする、また仕事の内容が食事の補助など、女性ならではの心使いが求められる事もあるのかも知れません。

大きな手術の前の検査にいくときに、看護助手が付き添いますが女性と言う事で安心する人も多いようです。

でも最近男性の看護助手の人たちも増えてきています。看護助手として働いている私からすると、職場に男性の看護助手の方がいてくれるととても助かります。

看護助手の仕事、実は男性も結構いるし重宝されている

食事の補助や着替えの手伝いなどは、看護助手の私達も慣れてくると比較的に簡単に出来る様になります。

しかしシャワーに入れる、患者を移動させる、また車椅子に乗せるといった作業は、力がある男性の方が介助を受ける患者さんも、安心して任せる事が出来ます。

実は看護助手という仕事は結構な肉体労働です。男性の看護助手は大きな手でしっかりと患者さんを支えてくれるので、2人一組で作業を行っている時も安心して行う事ができます。

私の希望としてはもっともっと増えて欲しいですね。私が働いている病院でも男性の看護助手が何人かいます。

(女性と比較するとめちゃくちゃ少ないけど…)私たちは医師、看護師と一緒にチームとなって患者さんに対応していきますが、男性看護助手は何処の病棟でもとっても頼りになって人気が高いです。

男性看護助手のほうが、向上心が高い人が多いです。私はいずれ介護系の資格を取得できればいいなー、ってのんびりですが、男性看護助手はいずれは福祉介護系の国家資格を目指しているみたいですね。

通信制大学に通っている人もいます。男性の場合は、看護助手は次の職業へのステップといったところでしょうか。

いずれにしても、志の高い仲間と共に仕事ができるのは、こちらも負けてられないわ―、という気持ちにさせてくれてプラスです。

おすすめLINK⇒男性保育士、ぶっちゃけ苦労します