本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手として必要な知識


看護助手として必要な知識と、資格をもつ事で仕事の選択肢が広がります。

看護助手の仕事に関して知っておく事

資格や学歴が無くても始められる仕事として、簡単に始められると思われている看護助手の仕事。

病院やデイケア、最近は脳梗塞などで障害が残って日常生活に復帰出来る様に通うリハビリセンターなどでも働くことが出来ます。

看護助手の仕事は忙しい看護師のお手伝いをするものです。

注射を打つ、薬を提供するなどの医療行為は出来ませんが、患者が快く過ごせるように身体的なお世話をしたり、また医療の現場で色々な専門用語を覚え、医療器具に関する知識などが必要になります。

看護助手資格の合格率と難易度って本当はどうなの?

看護助手として必要な知識

看護助手として必要な知識、実はたくさんあります。大きな病院では配属された病棟によって、配置されている医療器材が違います。

それぞれの機材や機器をセットするのも看護助手の仕事です。またそれを洗浄するのも。色々な機材の名前から役割、使い方などを熟知する必要が出ています。

医師や看護師が使っている専門用語も理解出来る様にしておかなければいけません。

また通院や入院している方への身体的なお世話も行います。

医師や看護師の指示の下に行う物ですが、基本的な体の仕組みやそれぞれが抱える病気の内容を知っていないと適切なケアが出来ないケースが多くでてきます。

看護助手の仕事は資格や経験が無くとも始める事が出来ます。

しかし最初の内は先輩の看護助手と組んで、色々と仕事のコツを教えた貰ったり、経験を積みながら習得していきます。

基本的には看護師の指示を待って行う事が多いですが、忙しいときには状況を見て用意をしたり、お世話をする事も出てきます。

看護助手の資格を取ることも出来ます。全国医療福祉教育協会が認定している「看護助手実務能力認定」などです。

資格を取ることで看護助手としての知識を持っていると判断されます。そのために看護助手の仕事をしながら転職を考えている人は、資格を持っているほうが良いようです。

看護助手の資格は独学で取得できる!?

看護助手、どんな場所で働ける?

看護助手の資格を持てば、体の基本的な仕組みや、色々な病気に関する知識、それに患者をケアする上で必要な衛生観念、検査や診察の際につかう医療器材にもしっかりとした知識を持っていると見られます。

資格を持つ事で、病院や介護施設だけでなく、発達障害やグレーゾーンの子ども達が通う療養施設や、重症な障害を持つ子ども達がいく施設といったところでも需要が出てきています。

看護助手の仕事は受身の仕事でもありますが、医師や看護師また他の専門的な知識を持った人たちとチームを組んで働くことが多いです。

看護助手と介護士の違い