本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手と介護士の違い


看護助手の仕事をする前は同じだと思っていた看護助手と介護士(介護助手・ホームヘルパー)。

仕事をしながらその違いがわかってきました。

看護助手は病院で働き、介護助手は介護施設で働くといったイメージでしたが、実際は少し違います。看護施設でも看護助手の求人募集があります。

看護助手の仕事を始めました

看護師と介護士、介護士は資格が必要だとの事で、資格も学歴も無くても始められる看護助手の仕事を始めました。

看護という言葉で職場は病院が主だろうと思っていましたが、病院だけでなく、デイケアや介護施設、それに発達障害の子ども達が通う支援センターなどでも働きます。

看護師のような仕事?と思いながら始めました。実際は看護師や医師の補助業務です。看護助手の資格もあります。

民間団体でもある全国医療福祉教育協会が認定している「看護助手実務能力認定」などがあり、仕事先の選択肢を増やすためにも資格を持っていたほうが有利のようです。

病院の看護助手は患者さんのお世話や医療器具の洗浄や準備など、介護施設では入居者の食事の世話や排泄介助、入浴など生活に関するサポートを行います。

介護施設にて補助業務や雑用を行う人は『看護助手』とか『介護助手』と呼んだりします。このページでは介護助手やホームヘルパーをまとめて『介護士』と表記します。

介護施設では介護士と一緒に働く事もあり、自分でも介護士と看護助手の仕事の差がわかりませんでした。

仕事をする中で介護士と看護助手の違い 介護士は介護をする仕事ではないかと。

具体的には介護士は、介護施設のお年寄りや、自宅介護の方への訪問介護など体が不自由だったり、日常生活を送るのに助けが必要な人のお世話が中心。なので仕事先も必然的にお年寄りが多い介護施設やデイケア、ショートケアを扱っている施設やグループホームなどになります。

高齢化社会に突入するにつれて介護士の求人は多いようですが、肉体的にも精神的にもつらい仕事だと言われています。

看護助手はもちろん患者さんや入居者の生活のお世話もしますが、看護師を助ける意味での看護助手という事で、忙しい看護師に代わって医療業務以外のお手伝いをするのが仕事です。

そのために診察や検査の前の医療器具の準備や後片付け、それにその医療器具を洗浄、備品を管理して補充するなども仕事の内です。

介護士の仕事が福祉施設が中心になるのに比べて、看護助手の仕事は病院での看護師のサポート、介護施設などで入居者のお世話、また最近は脳梗塞の方たちが通うリハビリセンターや子どもの支援をするしせつなどと幅が広がります。

その意味では看護助手のほうが働く職場がいろいろあります。

看護助手としてのこれからを考えて

一般的に病院の仕事の方が楽だと言われています。介護士の方が求人は多いようですが、看護助手の仕事もこれからどんどん増えてくるようです。

現在看護助手実務能力認定の資格を取ろうと思ってがんばっていますが、病院でも介護施設でも働ける看護助手の方が、選択肢が多くなって良いような気がします。

おすすめLINK⇒40代・未経験から介護職になるには