本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

ヒューマンアカデミー看護助手通信講座の評判


ヒューマンアカデミーたのまなの看護助手通信講座の学習内容と評判。


取得できる資格

看護助手実務能力認定

全国医療福祉教育協会の認定証(看護助手実務能力認定研修・修了認定書)を取得。

資格取得方法

修了認定試験の採点結果が正解率70%以上だと講座修了となります。講座修了をすると、『看護助手実務能力認定研修』の修了認定証が授与。

学習期間・添削回数

学習期間:3カ月〜12カ月。
添削回数:3回。
理解できるまで何度でも質問OK

学習方法

学習の進め方:DVD学習→テキスト学習→確認テスト
実践ノウハウを収録した講義DVD。テキストは協会の公式テキスト。

学費

36,000円
クレジットカード払い、教育ローン(分割払い)、代金引換 など

就職サポート

ヒューマンアカデミーの校舎は全国にあります。看護助手は通信講座ですが、近くの校舎でアドバイザーに就職相談できます。履歴書の書き方・面接対策のサポートも。また、グループ会社の医療業界専門の派遣会社に登録すれば、求人探しの近道。

ネット掲示板

『たのまなコミュニティ』では受講生同士の情報交換の場です。パソコン・スマホ・携帯からアクセス可能。

「たのまな」の特徴

「たのまな」は資格取得ができる通信講座を提供しているサイトです。

看護助手講座も受け付けているので、資格取得を目指したい方は資料請求を申し込んだり、カウンセリングを受けたりするといいでしょう。

講座が終わればそのまま資格取得へ!

たのまなの看護助手講座の特徴は、講座の添削課題を問題なく終わらせればそのまま看護助手の資格が取得できることです。

取得できるのは「看護助手実務能力認定資格証」で、全国医療福祉教育協会によって与えられます。

この資格を得ればすでに看護助手の基礎知識・スキルがあるという証明になるので、就職・転職に強いです。

ただし、講座が終わって自動的に「看護助手実務能力認定資格証」が配られるわけではなく、認定申請が必要になるので、しっかりと修了後に申請を出しておくようにしましょう。

就職・転職サポートも視野に入れたサービス

「たのまな」は資格取得させただけで、求職者を放置しておくことはありません。

資格はあくまでも知識・スキルの証明に過ぎず、自分の望む仕事に就くことではじめて価値を発揮するものです。

たのまなの運営会社はヒューマンアカデミーという会社なのですが、ヒューマンホールディングス株式会社のグループ会社となっています。

そしてこのヒューマンホールディングス株式会社はヒューマンリソシアという人材事業を展開している会社も傘下にしています。

つまり、ヒューマンアカデミーのサービスを利用して看護助手の資格を得た後、ヒューマンリソシアのサービスを利用して看護助手の就職・転職活動ができるというわけです。

こうした資格取得から就職・転職まで一貫したサポートがあると安心できます。

ヒューマンリソシアでは専任コーディネーターが担当につき、1対1で就職・転職活動を進めていくことができます。

個別面談で就職・転職の希望を伝えておけば、それに合った仕事を紹介してもらえます。

自宅での勉強だけでOK

看護助手は介護や介助について実践的な能力も必要です。

そうなると自宅での勉強だけでは不十分なのではないかと不安になる方もいるでしょうが、そこは講義のDVDによってカバーされています。

DVDにはしっかりと介護や介助の実践講座が収録されています。

動画で介護や介助のやり方を実演してくれるので、本人はそれを見ながら実践の経験を積むことになります。

また動画は全国医療福祉教育協会が監修したテキストと連携した内容となっているため、信頼して学ぶことができます。