本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手の仕事内容


仕事内容

看護助手の30代女性

看護助手の仕事内容について。簡単に説明すると、看護師の補助業務・サポートです。医療行為以外の雑用いろいろ。

病院の病棟、外来、手術室、診療所や訪問看護ステーションなどで、入院している患者の食事の世話や、入浴の介助などの身の回りのお世話、患者の家族への連絡、診療の際の誘導、備品管理など病院内の雑務などなど。

医師や看護師たちがスムーズに働けるように行動することも大事。

勤務形態はシフト制・交代制が多く、雇用形態は契約社員・派遣社員・パート・アルバイトが多いです。

わりと動く仕事です。じっとしているオフィスワークが苦手な方におすすめの職種です!

⇒今、看護助手の人気が急上昇!


総合病院の看護助手

わたしの働く病院にいる看護助手は、おもに健康診断を担当する部署にいて受付など患者さんの簡単な対応や、資料を作成したり、いろんな雑務をこなしています。

服装は、看護師と同じナース服をきています。ナース帽はつけていないけど。見た目の服装は、看護師と同じです。

だから、患者さんは看護師とおもって話をしていると思います。

派遣の看護助手はシフト制ではなく、事務と同じ勤務時間です。

⇒精神科で働く看護助手の仕事、わたしの体験はこちら!


個人病院の看護助手

わが家のご近所に住む50代の主婦の方も、看護助手をしています。

勤務先は、近所の個人病院、クリニックです。わたしも時々、いく病院なのですが、そちらで働いています。

お仕事内容は、見た感じ看護師と同じにみえます。診察室にいて、医者と看護師と一緒に仕事しています。だたし、厳密には医療行為はしていないそうです。

こちらの方も看護助手も白衣をきていて、素人目には看護師と見分けがつきません。

勤務時間は午前中だけです。午後は自宅でのんびり過ごしているとか。