本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

これから看護助手の仕事を始める人へ


ベテランって訳じゃないけど、看護助手の派遣として病院や介護施設で働いています。

未経験から看護助手をやってみようという人たちへのアドバイス。

未経験・資格が無くても働けます

資格も学歴も必要ない、でもこれから絶対に需要がどんどん出てきそうな仕事とだと確信して始めたのが看護助手の仕事です。

看護助手の仕事って病院では看護師や医師の指示にしたがって、患者さんがスムーズに受けられるようにするもの。

また介護施設では看護師や介護士などと共に、入居者の日常の生活を介助したり、入居者の人たちが外出するのをお手伝いしたりするものです。

最初は誰でもが新人として仕事を始めます。

ほとんどの看護助手の仕事をしている人たちは、最初この様に先輩となる人たちから指導を受け、体験を通して技術を習得していきます。

⇒息子が最近プログラミング教室に通い始めました。

看護助手の仕事で嬉しかった事

看護助手の仕事は看護師のサポートですが、入院患者や介護施設の入居者の人たちに直接触れる仕事でもあります。

食事の配膳やお手伝い、それに排泄の介助、入浴介助など一人で負担になるものは二人で一組になって行います。

リハビリや治療を受ける時に医療器材を用意したり、セットしたりするのも私達の仕事です。この仕事をしていて嬉しかったのは、やはりお世話をした人たちから「ありがとう」と言われることですね。

また医療の立場に立つ人間として扱われる、人の為に働いているという気持ちに慣れることも嬉しいです。

未経験者歓迎

看護助手の仕事は資格も学歴も必要ないので誰にでも出来ます。未経験者歓迎。いくつからでも始められます。

看護施設で働く介護助手と迷って、看護助手になった人もいます。看護助手と似たような仕事内容ですが、看護助手のほうが楽。

看護助手の仕事の内容は病気の人や、一人で生活できない人と接する事が多いので、感謝をされる事も多いけど、難しい事もたくさんあります。

人と接するのが好き、人の役に立ちたいという気持ちがないと難しいかもしれません。また人とのコミュニケーション力が必要になります。男性の看護助手もいますが、どうしても女性が多い職場だからです。

また、介護助手と違って私達は看護師のサポートと言う仕事面もあります。看護助手として必要な知識をしっかり持っていることを証明する上でも、看護助手の資格を取ることを勧めます。

このような資格を持つ事で看護助手として仕事の場が大きく広がるからです。

看護師のように医療行為は出来ないけど、同じような知識を持っている私たちは、病院や介護施設だけでなく医療行為を行っている美容サロンや、障害をもった子ども達が通う療育施設、脳梗塞などで麻痺が残った人たちが通うリハビリセンターなどからも求人があります。

大変な仕事ですがその分やりがいもあるものです。

勤務地・勤務時間など細かい諸条件にこだわり過ぎなければ、それなりに求人はあるので、すぐに働けますよ。頑張ってください。