本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手として働き始めたきっかけ


私が看護助手として働こうと思ったきっかけと、看護助手の資格について。 *看護助手は資格が無くても始められます。

看護助手ってどんな仕事?

資格が無くても出来ると言われて、やり始めた看護助手の仕事。求人募集も多くでているし、医療機関での仕事と言うのが気に入って始めてみました。やりがいはありますが、結構大変な仕事です。

私が勤めているのは大きな病院。たくさんの看護補助の人たちが働いています。最初に講習があり基本的なことを教えてもらいました。

皆忙しいし覚える事はたくさんあるしで、はじめはちょっと戸惑いましたが、徐々に慣れてきました。先輩達が時には厳しくそして優しく、色々なコツを教えてくれます。

看護助手の仕事って単に忙しい看護師さんの補助だと思っていましたが、その内容は多岐に渡り患者さんに対する医療行為は出来ないけど直接関わる仕事だとわかりました。

入院中の患者さんの着替えや食事のお手伝い、検査などを行う場所への誘導、検査を受けている間にシーツを変える、入院病棟で必要な備品の管理などがあります。

基本的には看護師や准看護師がスムーズに動けるようにするものですけどね。

医療行為を行わないので責任が無いといえばそうですが、食事の介助や入浴の介助などは患者さんによってその人その人が持っている運動能力が違うので神経を使いますね。

資格なしでも働ける

看護助手ってどんな所で働く?

看護助手をやってみようと思ったのは、資格が無くとも、また短大や専門学校といった学歴が無くともできる仕事だったからです。

看護という言葉がつくだけに医療機関が中心ですが、診療所やクリニック、それに老人介護の世界でも働く事ができるようです。

看護助手の仕事を手始めに、その経験を生かしながらホームヘルパーなどの資格を取れば、訪問介護などの仕事に付く事も可能です。

資格が無くても出来る看護助手、でも将来的にはこの経験を生かして資格を取っておくと色々と有利に事が運びます。

看護助手の仕事は病院と介護施設どっちが楽?

やっぱり看護助手資格を取ったほうが良い?

看護助手の仕事を始めるには資格は必要ありません。

しかし看護助手としての資格には全国医療福祉教会が認定している看護助手の資格や、メディカルケア・アシスタントといった資格があり、通信教育などで取得する事ができます。

資格を持っている事は看護助手の仕事をしっかりと理解しているという事。仕事を見つけるには有利になるようです。

また、看護助手の仕事を手始めに経験を積んで、お給料の良い介護士やホームヘルパーなどの資格にスキルアップする人も多くいます。

病院によってはこの看護助手の仕事をしながら、看護師の資格が取れるように看護学校に通えるようにしている病院や施設もあります。