本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

介護事業所で働く看護助手の1日の仕事内容


看護助手として病院や介護施設に派遣されています。介護事業所での1日の仕事がどんな感じか紹介します。

看護助手として病院と介護事業所の勤務経験あり

看護助手の仕事は病院や介護事業所だけでなく、発達障害児を扱っている施設や、生まれた時から重い障害を持つ子ども達がいる病棟など色々な場所で働くことが可能です。

でも、実際に求人が多いのはやっぱり病院か介護事業所になります。色々な選択肢が増えるように仕事をしながら、看護助手実務技能認定の勉強をしています。

病院勤務、介護業界と両方体験しましたが、今日は介護事業所での1日がどんな感じか、紹介してますね。

介護事業所での1日

病院と違い日勤、早番や遅番それに夜勤といったシフトがあります。入居者の皆さん6時半ごろに起きます。入居者の洗面、排泄介助。そして7時半から朝食の配膳をして、必要な人たちには食事をするお手伝いをします。

その後に職員の人たちとの朝礼があり、検査がある人、リハビリがある人、また入浴がある人などの連絡があり、私達も入居者の人たちについて気が付いた事があればそれを報告します。

9時ごろ入浴、シャワーの予定がある人にはお手伝いをします。それと同時にリハビリや治療がある人にはその付き添いをします。担当する入居者のスケジュールを考えながら、お世話をする準備などを自分で考えます。

12時になると昼食です。朝食と同じように配膳をして食事の介助と、その後に排泄介助があります。午後はそれぞれの入居者のスケジュールに合わせてお世話をします。

午後4時半にフロアミーティング、その日にあったことで気になった事、連絡事項などを確認します。夕食が始まります。その後就寝までにそれぞれのお世話をして午後8時に排泄介助。9時に就寝です。

これは介護事業所での1日の流れですが、人によっては自分でトイレに行ける人もいますし、食事も自分で出来る人もいます。

介護事業所での仕事は入居者のお世話もありますが、リハビリや治療の際に介護士が行わない医療器具のセットや洗浄と言った仕事も出てきます。午後は比較的にゆったりと過ごしてますが、やっぱりめまぐるしいですよね。

スケジュールが決まっていても、突発的な事が起きると、そっちに手を取られてしまいます。一緒に働いているほかの看護助手の人たちと協力しながらやっています。

介護職員と看護助手の違いとは?

資格取得に向かってどの様に時間を作るか?

日勤や早晩はかなりの肉体労働です。しかし夜勤の場合に夕食をとり消灯した後には夜中の12時、3時の巡回と、時折頼まれる排泄介助を行うだけなので、体を休めて自宅で資格習得の勉強する時間を作る事は可能かもしれません。がんばるぞー!!