本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手の需要


これから先、看護助手の需要は増えるのでしょうか。求人は増えるのでしょうか? 同僚の看護助手や看護師にどう思うか聞いてみました。

看護助手、未経験で始めました

高年齢者がどんどん増えていく日本、都心からちょっと離れた所では色々な介護施設や、グループホームなどが出来て多くの老人を受け入れています。これからどんどん需要が増えていくと考えれているのが看護助手という仕事です。

仕事の内容は看護師の指示に従って病院や介護施設で患者や入居者の身体的なお世話をしたりと、医師、看護師、介護助手や介護士とともにチームを組んで対応していく仕事です。

看護師の様に医療行為を行う事はないので、責任はないですが、病院で医師や看護師がスムーズに働けるようにサポートをします。現在介護施設で働いていますが、介護補助や介護士が専門的に入居者の身体的なお世話をするのに比べ、入居者の日常生活の介助に加え、入居者が治療を受ける際に医療器具のセットなども行います。

この仕事は派遣の人たちもたくさんいます。同じ施設でも正社員として入っている人は、派遣の人たちと比べて毎月に手取りが変わらなくても、有給休暇や保険、年金などの保証の部分が大きく違ってきます。

資格なしでも働ける

看護助手、簡単に転職できる?

看護助手の仕事は離職率も高いです。看護助手として転職する場合看護助手の需要ってどのくらいあるのかと調べてみました。

今までは看護師のアシスタントとして医療に関する専門知識を持った准看護師という職種がありましたが、今後この准看護師という職種がなくなってしまう様で、代わりに私たち看護助手の需要が高まっていくとのことです。

ただ資格も学歴も必要ないために誰でもなれるので、正社員や都心の大きな病院の正社員を目指すのであれば、全国医療福祉教会が認定している看護助手の資格や、メディカルケアワーカーと言った資格を持っていたほうが絶対に有利。

看護助手の仕事の大変なところ

看護助手、これからどうすれば良い?

看護助手は実際に患者さんと向き合いお世話をする仕事です。看護師の立場も患者の立場もそばで見ています。病院や施設によっては看護師不足を解消するためにも、看護助手が資格をとって色々とスキルアップするのを支援している所も在るようです。

実際に看護助手実務認定のテキストを読んでいても、看護助手の経験があればほとんど実践しているものばかりです。これから高年齢社会に入っていく日本では、看護助手の仕事は介護施設を中心にどんどん増えていくと言われています。

看護助手の仕事を経験した上で看護師になるのが一番良い気がします。患者さんをそばで見てきて最も寄り添うことが出来ると感じたからです。20代もしくは30代前半くらいの方であれば、今から看護師を目指すのもいいかもしれませんよ。

看護助手の仕事は病院と介護施設どっちが楽?