本文へスキップ

看護助手資格の通信講座・通信教育と看護助手の求人

看護助手の仕事は病院と介護施設どっちが楽?


看護助手の求人は病院と介護施設で募集しています。では、『病院での勤務』か『介護施設での勤務』どっちが楽か考えてみました。

看護助手、病院ではどんな事するの?

看護助手の仕事、看護師のような仕事かと思っていましたが、看護師のサポートをするものです。

病院での看護助手としての仕事は医師や看護師の指示の元に働きます。

入院中の患者さんの排泄介助や食事補助といった仕事も勿論ですが、診察や検査に使う医療器具のセットや洗浄、それに備品の管理や補充なども含まれます。看護師や医師にお茶を配ったり、病室内の掃除や後片付けといった事が殆どです。

しかし、介護施設に比べると肉体的には楽だと言われているようです。

私は貧乏性のため看護師や医師の指示を待つというのがちょっとつらかったですね。

出来るだけ自分で仕事を探して常に整理整頓などを行っていましたが、医療行為は出来ないので出来る事が限られていました。

また手術などでの入院患者の入れ替わりが激しいのが特徴で、一人ひとり状況が違うので大変でした。

看護助手、介護施設での仕事

病院への派遣を経て介護施設で看護助手をしました。

介護施設は入居者のお世話をするもので、一人ひとりの入居者とは長い付き合いとなります。

仕事の内容は医療面に関しては看護師への確認や指示に従う事になりますが、毎日の生活の補助もするので、基本はそのスケジュールに合わせていきます。

もちろんお年寄りが多いし、突発的なことで時間通りに進まない事もたくさんありますが、なれてくると自分で工夫が出来る様になります。

仕事の内容は食事の配膳や車椅子への移動、食事や排泄の介助、それにシャワーを浴びさせたり、お風呂に入れたりと肉体労働です。

しかし、介護施設の中でのスケジュールで一緒に体操をしたり、時間に余裕があれば車椅子で散歩したりと言ったことも出来ます。

看護助手、病院と介護施設どっちが楽?

看護助手として、病院と介護施設両方とも働きましたが、肉体的にきついのは介護施設かもしれません。

入居者と一緒にどっこいしょと言いながら車椅子に移動させていましたから。

でも、病院の業務も楽しかったですが、やりがいを感じるのは介護施設ですね。

一緒にいる時間が長くなるとやはり色々な話をするし、情もわいてきます。自分のおばあちゃんに接しているように時々感じますね。

まあ中には気が会わない人もいますけど。そこは仕事と割り切って笑顔で接するようにしています。

なんだか人生勉強をしているようです。私は肉体的にはつらいけど、心情的には介護施設の方が好きですね。

40代主婦。初めての介護職への転職